キャリートラックとハイゼットトラックの新型どっちがいいか徹底比較

車の役立つ情報

 

こんにちは!zumaです

今回記事にしていくのは

軽自動車のトラック 略して軽トラ

スズキ キャリートラックとダイハツ ハイゼットトラックのどちらが優れているか、

徹底的に比較してみます。

軽トラック市場で人気を二分する両モデルの

性能、燃費、安全機能、価格などを詳細に見ていきます

エンジン性能と燃費

キャリートラック

新型キャリートラックは

R06A型水冷直列3気筒エンジンを搭載しています

最高出力は50馬力で

最大トルクは63Nmです

燃費は17.0km/Lから21.8km/Lと

低燃費ながらも十分なパワーを持っています

また、新たに採用された4速ATや停車時アイドリングストップシステムにより

さらに燃費性能が向上しています​ 

 

ハイゼットトラック 

一方、ハイゼットトラックはKF型水冷直列3気筒エンジンを搭載しています。

こちらも最高出力は50馬力、

最大トルクは64Nmとほぼ同等の性能を持っています。

燃費はキャリーと同様に18.0km/Lから21.0km/Lとなっており、

実用性を考慮するとどちらも大差はありません​ 

安全機能

キャリートラック

新型キャリートラックには

軽トラック初の夜間歩行者検知対応ブレーキが搭載されています

その他にも

デュアルカメラブレーキサポート
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能など
先進の安全装備が充実しています​

 

ハイゼットトラック

ハイゼットトラックも

スマートアシストIIIを搭載しており

歩行者検知機能
衝突回避支援ブレーキ
車線逸脱警報機能
などが標準装備されています

安全性に関しては、どちらも最新の技術を採用しており

高い水準を維持しています​ 

価格

キャリートラック

キャリートラックの価格は、

グレードや仕様によって異なりますが、

エントリーモデルの「キャリーKCエアコン・パワステ」

2WD/5MTが約111.8万円から始まります。

特別仕様車や4WDモデルでは、価格はさらに上昇します​ 

 

ハイゼットトラック ハイゼットトラックの価格も同様にバリエーションが多く、

基本モデルの「スタンダード」

2WD/5MTが約102万円からとなっています。

上位グレードや特別仕様車では、

130万円を超えるものもあります​ 

荷台と使い勝手

キャリートラック

キャリートラックは三方開式の荷台を採用しており、

積載量も十分に確保されています。

地上高を低く設定することで、

重い荷物でも積み下ろしがしやすくなっています。

さらに、防錆対策が施されているため、耐久性も高いです​

 

ハイゼットトラック

ハイゼットトラックも三方開式の荷台を持ち

キャリー同様に積載性を重視しています

農業や建設業などでの使用を想定しており

高い耐久性と使い勝手を実現しています​

室内と快適性

キャリートラック

キャリートラックのキャビンは広く

足元の空間や収納スペースが充実しています

新型では、シートリクライニング機能やシートスライド機能が向上しており

運転中の快適性が大幅にアップしています​ 

 

ハイゼットトラック

ハイゼットトラックのキャビンも広く

快適性に優れています

シートアレンジや収納スペースも十分にあり

長時間の運転でも疲れにくい設計です​ 

まとめ

 

キャリートラックハイゼットトラックのどちらが優れているかは

使用目的や個々のニーズによって異なります

どちらも高い性能と最新の安全機能を備えており

価格も大差はありません。燃費や快適性

安全機能においても互角の勝負となっており

実際に試乗して自分の使用環境に合ったモデルを選ぶのが最善です

キャリートラックは、特に安全機能や室内の快適性に優れており

ハイゼットトラックは価格の面で若干の優位性を持っています

最終的な選択は、個々のニーズと予算に基づいて行うと良いでしょう

 
 
今回も最後までご覧頂きありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました