ルパン三世の愛車|フィアット500の年式やカラーなど仕様紹介

車の役立つ情報

こんにちは!zumaです

今回紹介するのは、人気アニメ『ルパン三世

愛車 フィアット500 を記事にしていきます

アニメ『ルパン三世』は、日本だけでなく世界中で愛され続けている作品です

その中で、主人公のルパン三世が乗る愛車

フィアット500は、シリーズを象徴するアイテムの一つです

この小さな車はルパンの冒険を彩る重要な要素であり

多くのファンにとって特別な存在となっています

特に映画『ルパン三世 カリオストロの城』では

このフィアット500が印象的な活躍を見せルパンの魅力を引き立てました

フィアット500は、そのコンパクトで可愛らしいデザインから

チンクェチェント(Cinquecento)」の愛称で親しまれています

ルパン三世が愛用するフィアット500の詳細な仕様や

その独特なカラーリング、そしてアニメ制作の裏側に隠されたエピソードなど

この記事では深掘りして紹介していきます

フィアット500がどのようにしてルパン三世のアイコンとなったのか

その背景を紐解いてみましょう

ルパン三世『愛車』フィアット500の年式とモデル

ルパン三世が乗っているフィアット500

1973年式の「NUOVA500」モデルです。

このモデルは

1957年から1975年まで生産されていた

2代目フィアット500シリーズに属しています​

ルパン三世『愛車』フィアット500のカラー

ルパンのフィアット500は鮮やかバニライエロー(Vanilla Yellow)です

このカラーは、ルパン三世のアニメシリーズとともに有名になり、

多くのフィアットファンやクラシックカー愛好家に愛されています​

バニライエローは、フィアット500の特徴的なカラーとして

多くの限定モデルにも使用されています

 

ルパン三世『愛車』エンジンと性能

フィアット500は、後部に空冷2気筒エンジンを搭載

後輪駆動を採用しています。エンジンは499ccで

最高出力は18馬力。最高速度は約95km/hに達します

この小さな車体とエンジンは、ルパンの機動力と敏捷性を象徴しています​

 

ルパン三世『愛車』特徴とデザイン

フィアット500は、その愛らしいデザインとコンパクトなボディで知られています

特にNUOVA500」モデルは、モノコックボディとキャンバストップ(開閉式屋根)が特徴です

キャンバストップは、アニメでもよく見られるように、

次元大介が身を乗り出して射撃を行うシーンなどで活躍しました​

 

ルパン三世『愛車』フィアット500の限定モデルとカラーのバリエーション

フィアット500は、その人気から多くの限定モデルが登場しています。

特にルパン三世の影響を受けた黄色のモデルは、

バニライエロー(Vanilla Yellow)

カントリーポリタン・イエロー(Countrypolitan Yellow)

トロピカリア・イエロー(Tropicalia Yellow)など

さまざまなバリエーションが存在します​

これらのモデルは、フィアットファンの間で非常に人気が高く

特に限定生産のため希少価値があります

ルパン三世とフィアット500の関係

ルパン三世とフィアット500の関係は、アニメの初期から非常に深いものがあります。

作画監督の大塚康生氏は、自身もフィアット500を愛用しており、

その知識を生かしてアニメにリアルな描写を取り入れました。

特に、映画ルパン三世 カリオストロの城』では

この車が重要な役割を果たし、ルパンのキャラクターを際立たせています

 

まとめ

ルパン三世の愛車、フィアット500は、その独特なデザインとカラー

そして機動性の高さで、アニメファンだけでなくクラシックカー愛好家にも愛されています

1973年式の「NUOVA500」モデルは、ルパンの冒険に欠かせない存在であり

その鮮やかなバニライエローは多くの人々の心に残るアイコンとなっています

ルパン三世とフィアット500のコンビネーションは

アニメの枠を超えて自動車愛好家たちにも強い影響を与え続けています

今後もこの名車が多くの人々に愛され続けることは間違いないでしょう!

今回も最後までご覧頂きありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました