タント オート ハイビーム解除方法を徹底解説!簡単手順で設定変更

車の役立つ情報

 

タントのオートハイビーム機能は、夜間の運転をより安全にするための便利な機能ですが、時にはこの機能を解除

したいと考えることもあるでしょう。この記事では、「タント オート ハイビーム 解除」と検索している方々に向

けて、ダイハツのオートハイビームを解除するにはどうすればいいのか、その具体的な手順を詳しく解説します。

まず、タントのオートハイビームのボタンはどこにありますか?という疑問に答え、次にタントのハイビームが消

えない場合の対策についても説明します。また タントオートハイビーム 設定の確認方法やタントのハイビーム

からロービームに戻す方法についてもカバーします。さらに、 タントハイビーム マークの意味とタント オートハ

イビームの設定解除手順についても詳しく紹介します。この記事を読むことで、タントのオートハイビーム設定を

自在にコントロールできるようになります。

  • ダイハツのオートハイビームを解除する具体的な手順
  • タントのオートハイビームのボタンの位置と操作方法
  • ハイビームが消えない場合の対策と設定確認方法
  • タントのハイビームからロービームに戻す方法

 

 

タント オート ハイビーム 解除方法

  • ダイハツのオートハイビームを解除するには?
  • タントのオートハイビームのボタンはどこにありますか?
  • タント ハイビーム 消えない場合の対策
  • タント オートハイビーム 設定の確認方法

 

ダイハツのオートハイビームを解除するには?

ダイハツのオートハイビームを解除するには、特定の手順を踏む必要があります。まず、エンジンをかけずに電源をオンにします。具体的には、ブレーキペダルを踏まずにスタートスイッチを2回押して電源をオンにします。この際、スタートスイッチを押すごとにACC→ON→OFFの順に切り替わります。

次に、ヘッドライトのスイッチを中立のAUTOからライトONに4回操作します。AUTO位置からON→AUTO、ON→AUTO、ON→AUTO、ON→AUTOと切り替えます。その後、ヘッドライトスイッチレバーを引きながら(パッシング状態を保持)同じ操作を4回繰り返します。

最後に、メーター内のADBインジケータが緑色に5回点滅すれば、オートハイビーム機能がオフになります。この手順を10秒以内に行うことが重要です。解除方法がうまくいかない場合は、最初からやり直す必要があります。

タントのオートハイビームのボタンはどこにありますか?

タントのオートハイビームには専用のオンオフボタンがありません。そのため、設定を変更するには手動で特定の操作を行う必要があります。通常、オートハイビームは車のライトスイッチがAUTOの位置にあるときに自動的に作動します。

解除するためには、先ほど説明した通り、電源をオンにしてからライトスイッチを特定の順序で操作する必要があります。具体的には、ライトスイッチをAUTOからON、ONからAUTOを4回繰り返し、その後レバーを引きながら同じ操作を4回行います。

専用のボタンがないため、操作手順を覚える必要がありますが、一度覚えれば簡単に設定を変更できます。なお、この操作はタントに限らず、他のダイハツ車でも同様に行える場合があります。

 

タント ハイビーム 消えない場合の対策

タントのハイビームが消えない場合、まずは基本的な操作手順を確認してください。ライトスイッチを手動で操作してもハイビームが消えない場合、以下の対策を試してみてください。

まず、ライトスイッチが正しく機能しているか確認します。スイッチをAUTOからOFFに切り替えてみて、それでも消えない場合は、スイッチ自体に問題がある可能性があります。その場合、ディーラーに相談することをお勧めします。

また、オートハイビーム機能が原因でハイビームが消えない場合もあります。この場合、先述の手順でオートハイビーム機能を一時的に解除することで対処できます。最後に、車のセンサーに問題がある場合も考えられます。この場合も、ディーラーでの点検が必要です。

タント オートハイビーム 設定の確認方法

タントのオートハイビームの設定を確認する方法は、車のメーターパネル内のインジケータをチェックすることです。オートハイビームが有効な場合、メーターパネル内に専用の表示灯が点灯します。表示灯が点灯していない場合、オートハイビームが無効になっている可能性があります。

設定を確認するには、まず車の電源をオンにします。このとき、エンジンをかけずにスタートスイッチを2回押して電源をオンにします。次に、ヘッドライトスイッチをAUTOの位置に設定します。この状態で、メーターパネル内のオートハイビーム表示灯が点灯しているか確認します。

もし表示灯が点灯していない場合、前述の手順を使ってオートハイビームの設定を解除して再度確認することができます。また、設定に問題がある場合は、ディーラーでの点検を検討してください。

新型タント オート ハイビーム 解除できない場合の解決策

  • タントのハイビームからロービームに戻す方法は?
  • タント ハイビーム マークの意味
  • タント オートハイビームの設定解除手順

タントのハイビームからロービームに戻す方法は?

タントのハイビームからロービームに戻す方法は、ライトスイッチを適切に操作することです。まず、ライトスイッチを手前に引くと、ハイビームからロービームに切り替わります。ライトスイッチは通常、ステアリングコラムの右側に位置しています。

具体的には、ライトスイッチを前方に押し込むとハイビームが点灯し、手前に引くことでロービームに戻ります。もしハイビームが手動で切り替わらない場合、オートハイビーム機能が作動している可能性があります。この場合、オートハイビーム機能を一時的に解除して手動で切り替えを行ってください。

ライトスイッチが正しく機能していない場合や、切り替えがスムーズに行えない場合は、ディーラーでの点検をお勧めします。

タント ハイビーム マークの意味

タントのハイビームマークは、メーターパネル内に表示される青色のシンボルで、ハイビームが作動していることを示します。このマークは、ヘッドライトがハイビーム状態にあるときに点灯します。

ハイビームマークが点灯している場合、ライトスイッチを手前に引いてロービームに切り替えることで、マークが消えます。オートハイビームが作動している場合も、このマークが点灯することがあります。オートハイビーム機能を解除することで、手動でハイビームを制御することが可能です。

このマークが点灯しているときは、対向車に対して眩しい光を放っている可能性があるため、適切にロービームに切り替えることが重要です。

 

タント オートハイビームの設定解除手順

タントのオートハイビームの設定解除手順は以下の通りです。まず、エンジンをかけずに電源をオンにします。具体的には、ブレーキペダルを踏まずにスタートスイッチを2回押して電源をオンにします。この状態でライトスイッチをAUTOの位置からライトONに4回切り替えます。

次に、ライトスイッチレバーを引いたまま、再度AUTOからライトONに4回切り替えます。これを正しく行うと、メーターパネル内のADBインジケータが緑色に5回点滅し、オートハイビーム機能が解除されます。

この手順は10秒以内に行う必要があり、タイミングが重要です。うまくいかない場合は最初からやり直す必要があります。この操作により、オートハイビーム機能を簡単に解除できますが、手順をしっかりと覚えることが大切です。

まとめ

記事をまとめます。

  • エンジンをかけずに電源をオンにする
  • ブレーキペダルを踏まずにスタートスイッチを2回押す
  • ライトスイッチをAUTOからONに4回操作する
  • ヘッドライトスイッチレバーを引きながら同じ操作を4回繰り返す
  • メーター内のADBインジケータが緑色に5回点滅すれば解除完了
  • 手順は10秒以内に行う必要がある
  • 専用のオンオフボタンはない
  • オートハイビームはライトスイッチがAUTO位置にあると自動作動する
  • 設定を覚えれば簡単に変更可能
  • 他のダイハツ車でも同様の手順が適用可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました