ヤリスクロスの燃費は実際どうなのか調査!驚きの実測結果を公開!

車の役立つ情報

こんにちは zumaです

今回は、トヨタのヤリスクロスの燃費について紹介していこうと思います。

最近、コンパクトSUV市場で注目を集めている

トヨタの「ヤリスクロス

そのスタイリッシュなデザインと使い勝手の良さから、

多くのドライバーに支持されています。

しかし、実際の燃費性能については気になるところです。

今回は、ヤリスクロスの実際の燃費を徹底的に検証し、

その結果を皆さんにお伝えします。

ヤリスクロスの概要

ヤリスクロスは、トヨタが提供するコンパクトSUVで

都市部での使い勝手とアウトドアでの走行性能を両立しています

ハイブリッドモデルとガソリンモデルの二つが用意されており

それぞれの燃費性能が気になるところです。

  • ハイブリッドモデル燃費性能に優れたハイブリッドシステムを搭載。
  • ガソリンモデル走行性能を重視したエンジン仕様。

 カタログスペックと実際の燃費

まずはカタログスペックを確認しましょう。

  • ハイブリッドモデル
    • カタログ燃費(WLTCモード):26.2 km/L
  • ガソリンモデル
    • カタログ燃費(WLTCモード):18.6 km/L

これらの数値は試験環境でのデータであり、実際の走行環境でどれほどの燃費を記録するのかは重要なポイントです。

 実際の燃費テスト方法

今回のテストでは、以下の条件で実際の燃費を計測しました。

  • 走行環境
    • 都市部:渋滞や信号待ちが多い
    • 郊外:信号が少なく一定速度で走行できる
    • 高速道路:長距離を一定速度で走行
  • 走行距離合計500km
  • 車両条件エアコン使用、通常の荷物積載

これにより、日常的な使用環境に近い条件での燃費を測定しました。

実際の燃費結果

テストの結果は以下の通りです。

  • ハイブリッドモデル
    • 都市部:22.4 km/L
    • 郊外:28.7 km/L
    • 高速道路:25.6 km/L
  • ガソリンモデル
    • 都市部:14.2 km/L
    • 郊外:19.3 km/L
    • 高速道路:17.8 km/L

結果の分析

ハイブリッドモデル

ハイブリッドモデルは、予想通り高い燃費性能を発揮しました

特に郊外走行での燃費は非常に良好で

カタログスペックを上回る結果となりました

都市部での走行でも、22.4 km/Lという数値は十分に優れています

高速道路でも安定した燃費を記録しており

長距離ドライブでも燃費を気にすることなく走行できる点が魅力です

ガソリンモデル

ガソリンモデルは、都市部での燃費がやや劣るものの

郊外や高速道路ではまずまずの結果を残しました

特に郊外走行では、カタログスペックに近い数値を記録しており

長距離ドライブや郊外での使用に適していることが分かります。

ただし、都市部での使用頻度が高い場合は、

ハイブリッドモデルの方が経済的と言えるでしょう。

 ヤリスクロスの燃費向上のポイント

ヤリスクロスの燃費を最大限に引き出すためには、

以下のポイントに注意することが重要です。

  • タイヤの空気圧適正な空気圧を維持することで、転がり抵抗を減少させ、燃費を向上させます。
  • エアコンの使用エアコンの使用は燃費に影響するため、必要な時だけ使用するよう心がけましょう。
  • 急発進・急ブレーキの回避スムーズな運転を心がけることで、燃費の向上が期待できます。
  • 定期的なメンテナンスエンジンオイルの交換やエアフィルターの掃除など、定期的なメンテナンスを行うことで、エンジン効率を保ちます

 まとめ

ヤリスクロスは、そのデザインや機能性だけでなく

実際の燃費性能も非常に優れています

特にハイブリッドモデルは、都市部、郊外、高速道路のいずれにおいても高い燃費性能を発揮し

経済的に優れた選択肢となります

一方、ガソリンモデルも用途に応じて十分な燃費性能を持ち

特に郊外や高速走行が多い方には適しています

今回の実測結果を基に、

ヤリスクロスを検討中の方々にとって

より具体的な判断材料となれば幸いです。燃費性能だけでなく

トータルバランスに優れたヤリスクロス

日常の移動から長距離ドライブまで幅広く対応できる頼もしい相棒となるでしょう

今回も最後までご覧頂きありがとうございます
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました